ホーム > 九条ねぎとは

九条ねぎとは

九条ねぎが出来るまで

ここでは九条ねぎが出来るまでの過程を、チャートでわかりやすく解説しております。

九条ねぎが出来るまで

九条葱の伝統的栽培は、大変手間暇のかかる仕事であり、秋に種を蒔き、3月頃まで苗床で育て、仮植えをした後、7月下旬頃から一ヶ月ほど掘り上げて稲を干すように、約一ヶ月間天日で乾燥させます。
いわゆる葱苗(ねぎなえ)といいますが、この効果により発根作用の促進につながると言われ、収穫までには、およそ1年2ヶ月かかります。

加工風景

九条ねぎは苦味と甘みを兼ね備えた食材です。
スーパーでよくみかける野菜は常に形がそろって、見栄えもよくおいしそうに見えます。

しかし、葱常では自然のままを味わっていただくため、苦味と甘み、本来の九条ねぎの味を知っていただけるよう、ありのままの形を食卓に届けたい一心から形がいいものや見た目だけを厳選して分けるといったことはいたしません。

長いもの、短いもの、大きいもの、小さいもの、曲がっているもの・・・それぞれが口の中で個性的な味のハーモニーを奏でるからです。全てが我々にとって大切に育て上げた子供たちです。
是非そのままを味わっていただければ、幸いです。

従来の流通経路

従来の流通では、農家で生産、収穫、加工・製品化されたものが、いくつもの段階を経て、お客様に届くことがほとんどです。 その分、お客様からの声が届くまでにも時間がかかり、価格面でも高くなることがあります。

従来の流通経路

葱常の流通経路

葱常では、弊社との長年お付き合いさせて頂いている提携農家との厚い連携と信頼のもと、収穫と加工・製品化を請負い、直接販売店、飲食店に納品することで、お客様へ届く時間とコストの削減を実現しております。
これにより、お客様の生の声をすぐに受け取ることができ、迅速な対応も可能となっております。

葱常の流通経路

わき水

京都は地下水が豊富な土地として、昔から各地の特性を生かした農業や産業が発達しています。

ここ葱常は、地下水が豊富な土壌を生かしての昔ながらの提携農家様の育てられた九条ねぎを収穫後は地下水を利用して、一束一束丁寧に加工・製品化しております。
地下水に気持ちよく洗われた獲れたての九条ねぎは袋に詰められて、皆様の町へ今日も運ばれています。

九条ねぎについて

九条葱の通販は下記のお店で

ページの先頭へ戻る

| ホーム | 会社概要 | 九条ねぎとは | 九条ねぎの歴史 | 九条ねぎレシピ | お取り寄せ・取扱店 | お問い合わせ |