ホーム > レシピ集

九条ねぎレシピ

九条ねぎはどうやって食べたらいいの?

「九条ねぎはほかの料理に使うにはどうしたらいいの?」
といった多くのお問い合わせを頂いてまいりました。

ネギを食べることでどのような効果があるか?

ねぎはカルシウムやリン、鉄分、カロチン、ビタミンB1、B2、Cなどを含んでおり、とても栄養価に優れています。ビタミンA(カロチン)は緑の葉の部分にしか含まれていませんので、葉の部分も味噌汁の具などに有効利用しましょう。

ねぎ独特の刺激臭はニンニクや玉ねぎと同じアリシンという揮発性の成分です。
しかし、アリシンは熱に弱く長く煮込むと効力は減り甘み成分に変化します。
また、水に溶ける性質を持っているので、生食用で水にさらす場合も2〜3分を目途にするといいと言われています。夏の食欲のないときにソバや冷麦に刻んだネギを入れると食欲増進にも役立ちます。
また、ねぎは寒ければ寒いほど甘みが増すとも言われ、土の下で冬眠しながら白い部分にタップリ糖分を貯えます。特に、厳寒期に耐えたねぎは味が良いだけでなく、タンパク質や薬効成分も、他のねぎの三倍近くも含んでいます。

ねぎには発汗作用や消化液の分泌を促す働きがあるため“薬味”といわれ古くから薬として用いられていました。
これはねぎに含まれる硫化アリル、アリシン、イオウなどの成分が色々な働きをしてくれるからです。硫化アリルは局所刺激作用や制菌、発汗、緩下、駆虫などの効果があり、風邪をはじめ下痢止めなどとして用いられてきました。

また、ねぎには粘液質が含まれているので皮膚や粘膜の保護作用があり制菌作用と相まってやけどや出血などに外用するのは良いわけです。

アリシンは血行をよくして体を温め、肩こりや疲労の蓄積を防ぎ、神経を鎮め体調を整えます。
また、アリシンはビタミンB1の吸収を促進する働きもあり、疲労回復や風邪の治療にも効果があります。イオウは鎮静効果があり不眠に効果があるようです。

ここではレシピの一部をご覧いただけます。

ネギ焼き

お好み焼きのキャベツの代わりに、長めにきざんだネギを使います。九条ねぎ本来の味わいを楽しみたい方はネギとお好み焼きのタネだけで焼くことをお勧めします。また、お好みの具として、豚肉または貝柱などと合わせて焼くと九条ネギと具が表面は香ばしく焼けて、中はとろけるように柔らかく甘い、ネギの風味を満喫できます。お好みによってソース、またはしょうゆをたらしていただきます。

レシピ

【材料】
小麦粉・・・・2,1/2カップ
だし(こんぶ・かつお・・・・3カップ
ガラスープ・・・・小さじ1
卵・・・・1ヶ
九条葱・・・・お好みの量

【作り方】
[1] 生地の材料を混ぜ合わせて、30分そのままねかせる。
[2] 九条葱を小口切りに刻む。
[3] フライパン又はホットプレートにサラダ油をひき、生地を丸形 に薄くのばす。
[4] 生地が乾かないうちに手早く、刻んだねぎを山盛りにのせる。
[5] 生地とねぎのつなぎとして、ねぎの上に生地少々をかける。
[6] 焦がさないように両面を焼くとできあがり。
[7] 表の面にしょうゆをハケでぬる。
[8] お好みでレモン汁、七味、一味をかける。

【ポイント】
トッピングは、桜エビ、ちりめんじゃこを入れるとおいしい。

すき焼き

実は違いがある?関西と関東のすき焼き

すき焼きは、関西と関東で調理法が異なります。
(関西出身で関東にお住いの方は、関東のすき焼きに驚いた方も多いと思います)

関東ではしょうゆ、みりん、だしなどを調合した割り下を使い、肉と野菜を同時に煮るのが特徴です。
一方、関西は砂糖としょうゆでまず肉を焼き、割り下は使いません。
割り下を使う関東のすき焼きは、すき「焼き」ではなくすき「煮」だと思うのですが、関東のすき焼きは鋤焼きからきた関西のすき焼きとは違って、そのルーツは「牛鍋」にあるのだそうです。

関西では、温めた鉄鍋に牛脂を敷き、その上に肉を置き、いためます。そして、ある程度肉が焼きあがってきた頃を見計らって砂糖をふりかけ、醤油を注ぎそこに野菜を加え一気に煮るという調理法です。

一方、関東では肉と野菜を同時に煮て食べるそうですね。そして、すき焼きの味付けは割り下で行います。この割り下とはしょうゆ、みりん、砂糖、水の混合液のことだそうです。割り下を鉄鍋に入れ温めてから、ねぎや野菜をまず鍋に入れ、最後に牛肉を入れるという順番です。

レシピ

【材料】
牛肉・・・・600g〜800g
九条ねぎ・・・・4束(本当は多いほどおいしい)
生椎茸・・・・1パック
糸こんにゃく・・・・一袋
やき麩・・・・お好みでどうぞ

[1] 肉は少し大きめに、九条ねぎは5cmぐらい、椎茸・糸こんにゃくは食べやすい大きさに切っておきます。
[2] 鍋を熱し、牛脂を全体にひき、肉を広げて鍋全面に並べ、すぐに砂糖を全体にふりかけ(100g〜150g)、混ぜながら醤油をかけ全体に火が通るように炒めます。
[3] 全体に火がとおり、肉の色が変わってきたら肉を端によせて、用意しておいた九条ねぎ・椎茸・糸こんにゃく・やき麩を入れる。
[4] 上から好みで砂糖・醤油をたして、鍋のふたを閉め、九条ねぎがしんなりしてきたら、召し上がりください。

九条葱の通販は下記のお店で

ページの先頭へ戻る

| ホーム | 会社概要 | 九条ねぎとは | 九条ねぎの歴史 | 九条ねぎレシピ | お取り寄せ・取扱店 | お問い合わせ |